浮気癖は年齢とっても治らないって本当?

浮気癖は年とっても治らない?その状況

 

「不倫は治らない。もはや疾患だ。」というのは一度は耳にしたことがあるでしょう。
もとより一度不倫を経験してしまうと癖になって、閉められなくなってしまうのでしょうか。

 

今回は実際の不倫再犯料率と再犯料率が高くなってしまう状況、
そしてそんな状況でも不倫を治す作戦をご紹介していきます。

 

相手の「いつまでたっても治らない不倫」に時間されているヒトは必見だ。
何故不倫が繰り返されてしまうのかの状況を断固理解して繰り返される不倫の問題とサヨウナラ下さい。

 

 

不倫の再犯率

 

では実際の不倫はどのくらいの確率で繰り返されているのでしょうか。
探偵事務所の確認では、不倫を先輩のなかで1回だけしか不倫をしたことがない人は全然、
16%しかいなかったのだ。

 

これは貯まり、不倫を経験したことが生ずる人の84%が不倫を繰り返しているということだ。

 

一方、不倫経験がある人は男女ともに全体の30%強です。
不倫を考える人自体はそこまで多くはないけれど、初めて不倫をしてしまうと常習犯になってしまうのですね。

 

悪いことだということは理解しているので、漸くその振る舞いを味わうときはためらってしまうけれど、
ひとたび秘訣を染めてしまえばそのあとは負い目が大幅に減少してしまう。

 

 

不倫が治らない状況

 

不倫の再犯料率が至極良いことは前に述べましたが、何故悪いことだと理解していながら不倫を繰り返してしまうのか、その状況を細く見ていきましょう。

 

あなたの人の行ないヒトで相手の不倫再犯を防げるかもしれませんよ。

 

 

 

不倫のとらえ方

 

不倫を何度も繰り返してしまう人は、不倫のとらえ方が問題となっている場合が多くあります。

 

「悪いこと」という探知も人それぞれで、その程度は異なります。同じ「悪いこと」でも
「人を殺してしまうほどの悪いこと」と「たばこの吸い殻を歩廊にポイ捨て講ずる程度の悪いこと」
では大きな差がありますよね。

 

「不倫の悪業=人殺し悪業」くらいにとらえている人は絶対に不倫をしませんが、
「不倫の悪業=ポイ捨て程度の悪業」くらいにとらえてかかる人は
浮気してしまう確率が高いのは当然と言えるでしょう。

 

こんな探知のスタイル、そもそも最初に不倫するときのバリアーが少ないとも言えますが、
最初のバリアーを越えてしまってからの再犯率もはなはだ高くなって仕舞う。

 

 

仲間に対するデリカシーのなさ

 

簡単に不倫を繰り返す人は、お社交引き上げる相手へのデリカシーがひどく欠如やる。

 

もし、仲間の現状にたって考え、人がかわいがりて起こる人が浮気していると知ったら
どれほどの驚愕を受け悲しむかということを推し量ることができれば、不倫することもないでしょうが、
仮に1回くらい魔が差して不倫をしてしまったとしても著しく反省して2度と不倫を繰り返すことはないでしょう。

 

 

コミュニケーション不足

 

先に述べた「仲間に対するデリカシーのなさ」とも関係してきますが、
相手とコミュニケーションをきっちり取っていないというのも原因となります。

 

コミュニケーション不足のために仲間が何をされたら悲しむのかが感じ取れず、
結果的に不倫へのバリアーが低くなってしまうこともあるでしょう。

 

きっぱり密に相手とコミュニケーションを加えることによって、「俺は何をされたら傷つくのか、どれほどのショックを受けるのか、不倫されたらいかなる品行を作るのか」ということをハッキリ相手に伝えておく必要があります。

 

コミュニケーションを加える結果、仮に不倫をやる仲間でも、改心して足を洗って受け取るかもしれません。

 

 

 

男性ホルモンの量

 

不倫を繰り返してしまう原因として、男性ホルモンが関係やることがわかっています。

 

 

男性ホルモンの取り分けテストステロンと呼ばれるホルモンで、そういったホルモンは、
脳の視床以下を勉めし、「セックス拾う」という熱望を生み出して来る。

 

一般的に不倫は肉体人付き合いを扱うことを示すので、このホルモンが殆ど取り分必され、
脳が刺激向かうと浮気してしまい、しかもそれを繰り返すという結果に・・・。

 

このホルモンは「男性ホルモン」ですが、男性専用のホルモンというわけではなく、
女性でも一般的に男性の10分の1から20分の1ほど分泌されています。

 

婦人で不倫しやすい人はこのホルモンが普通よりも幅広く分泌されている可能性が高いと言えるでしょう。

 

ちなみにこのホルモンが多い人が不倫しやすく、なおかつ繰り返しやすいと言われていますが、
見分けヒトは総じて簡単だ。このホルモンは「輩を男性らしくやり遂げる」ホルモンなので男性であれば
マッチョであったり、体毛が濃いめだったり、会話が低かったり設ける人は要注意だ。

 

女性でも負荷系だったり、意思が強かったり講じる人はそういったホルモンが幅広く、
不倫性だ可能性が高いのです。